変化を起こす前に気をつけておきたいこと

その他
+3

こんにちは。
ワンダーシティ相談員
オラクルカードリーダー
愛川祥です。

今回は、
「なぜ、ちょこっと変えるといいのか?」
について。

現状がたいへんだと
劇的にいい方向にもっていきたいところですが、

劇的に変えようとすると
その反動がすごいんですよね。

脳科学的にも
脳は急激な変化を嫌いますので、
元の考え方や状態に戻ろうとします。

急激なダイエットであれば、
リバウンドするとか。

仕事で急な変動があれば、
ストレスが溜まって、
買い物か何かで発散して散財するとか。

劇的な変化は
劇薬でもあるのですが
副作用というか
反動も大きい。

ですから、
少しずつ思考を変えて、
行動を変えていくのがいい。

そして、いい兆しを見つけて、
それに感謝していく。

変化が脳に定着するのに
1か月から3か月と言われています。

変化に順応していくのに
それくらい時間がかかるわけですね。

適応に失敗すると
途中で嫌になることもあります。

なぜ変えようと思ったのか
わからなくなることもあります。

そういう時は
ちょっと立ち止まって、

いったん休憩を入れるのもいいでしょうし、

あらためて
自分はどうしたいのか、
問うてみるのもいいでしょう。

もちろん、
第三者に相談して
頭の中を整理するのもいいですね。

では、本日も良い一日を!

    愛川祥(SHOW) 先生

    学生のころからスピリチュアル、NLP、心理学、脳科学、カウンセリング、仏教などを学ぶ。不動産会社に就職。その後、倒産、リストラなどを経験する。39歳で起業するも体調を崩し、1年で廃業し、借金が残る。経営者のご縁でオラクルカード出版元ライトワークス五反田本店の店長を務める。それからようやく人生が好転する。
    コロナ禍で潜在的にストレスを抱えている方多いと思います。だからこそ不安やモヤモヤした気持ちを一人で抱え込まず、話していただきたいです。オラクルカードを使って今あなたに必要なメッセージもお伝えします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。