相談が機能するのは?

その他
0

こんにちは。
ワンダーシティ相談員の愛川祥です。

今日のテーマは、
「相談が機能するのは?」

相談が機能する場合と、
相談が機能しない場合があります。

相談が機能するな場合は、

・相談者さんがはっきりとした相談内容を持っている

・相談者さんが物事に主体的に取り組む意志がある

などです。

まず、相談内容がないことには
相談者さんをナビゲートできません。

「え、そんなことあるんですか?」
と思うかもしれませんが、

なんとなく話を聞いてもらいたい
みてもらいたい
というのもあるんです(;^_^A

もちろん
「頭を整理したい」というご要望もあります。

それはそれで
そういう目的もあるんですが(;^_^A

オラクルカードリーディングの際も

「なんとなくメッセージください」
でもリーディングできなくもないのですが、
漠然としたものになりがちです。

そういう場合
「そうかもしれませんね~」
で話が終わることもあります。

そこから話が広がることもありますが。

ですので、
相談が機能するには、
相談者さん本人に
相談内容であったり
やる気であったり
主体性が必要になってくるんですね。

多少なりとも。

オラクルカードリーディングは
一方通行でただメッセージを渡すというよりも
相談者さんとのコミュニケーションも大事になってきます。

メッセージは押し付けられるものではなく、
自分でやってみようと思えるのかも大事なんですね。

では、本日も良い一日を!

    愛川祥(SHOW) 先生

    学生のころからスピリチュアル、NLP、心理学、脳科学、カウンセリング、仏教などを学ぶ。不動産会社に就職。その後、倒産、リストラなどを経験する。39歳で起業するも体調を崩し、1年で廃業し、借金が残る。経営者のご縁でオラクルカード出版元ライトワークス五反田本店の店長を務める。それからようやく人生が好転する。
    コロナ禍で潜在的にストレスを抱えている方多いと思います。だからこそ不安やモヤモヤした気持ちを一人で抱え込まず、話していただきたいです。オラクルカードを使って今あなたに必要なメッセージもお伝えします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。