発達の面で、しょうがいを持つ家族のお悩み相談

その他
0

今日は、発達の面で、しょうがいを持つ家族の件でお悩み相談をお受けしました。

結婚前は気づかず過ごし、結婚後、夫とのかかわりの中で苦悩する中、子供に恵まれ、子育ての中で受けた子供の発達診断を機に夫も発達の診断が付いたとのこと。

それまで、いろいろ悩んでいたけど、診断がついたことで、夫の言動が腑に落ち、理解でき前向きになれたようにでした。

今回、家族がコロナにかかり,皆、自宅待機を余儀なくされ、夫がうつになり、布団から出られなくなったとのことで、また彼女に試練が降りかかってきました。

ご主人は今充電の期間に入られたのでしょう。エネルギーを消耗している人には致し方のないことだと思います。

彼女は、今までの経験と努力から、そのことを淡々と素直に受け入れられ、そういう自分を肯定的に許すことのできる、素敵な人だと思います。

そして、よかったのは、夫の職場の人に発達について理解を示してくれる人がいたということ、このことは、今後夫の仕事面で重要になってくるので、大切にしたほうがいいことを伝え、一緒に喜ぶことができました。

そして、彼女も子育てや仕事で大変なので、少しでもほかの人を頼ったりすることを進めました。私もそうでしたが、自分で何とかできると、義両親に頼ることもしてこなかったのですが、年を重ねることで、無理をしていたな、素直に頼めばよかったかなと気づきます。

子だもは、親の大変さ、特に母親の大変さはよく感じているようです。少しでも役に立ちたいとねがっているように感じます。保育園や学童保育で少し長く過ごすことになっても、お迎えの時に、ぎゅっと抱きしめられたら母親の愛情をいっぱい感じてくれるでしょう。

そして、難しいとは思いますが、彼女自身が趣味など楽しみを持つこと、それがかなわないのなら、週に一回でも、好きな場所で、好きなものを食べたり飲んだり、一人でゆっくり過ごす時間を持つことをすすめました。彼女は笑ってましたが、きっと、上手に自分の心をリフレッシュできる人だと思います。

今日は一緒にお話ができてれしかったです。

きっと世の中には、たくさんの人が大なり小なり、悩みを抱えながら一生懸命生きていっているのだと思います。何か、うまくいかないなとか思っている人がいらっしゃるなら、診断を受けて、周りの人にわっかてもらうということも一つの手だと思います。どんどん理解して、協力してくれる人を増やしましょう。そうすればきっと、みんなが生きやすい世の中になっていくと思います。

人はみな違います。私も違った人間です。違っていい!!と相田光男さんも言ってます!

    ヨシダ ミヤコ 先生

    こんにちは。
    看護師、子育ての経験を持っております。

    私は小さい頃から、自分を狭い中に押し込めて生きてきたところがあります。今になって、なぜあんなに自分を隠して暗い表情をしていたのか、考えるきっかけを与えられ、私の中のインナーチャイルドの存在を知りました。また、人との関わりの難しさを感じている時期でもありました。

    占星術に興味を持ち、自分のもって生まれた星を勉強し、自分らしく生きていないことを悟りました。星のもつ意味を知り、自分らしくいきる道を選んだ私は、心が軽く世の中が明るく見えることを知りました。

    今、いろいろ精神的な悩みを抱えていらっしゃる方に、少しでも自分らしく生きることへの気づきがありますように、お話を聞き、寄り添い、見守り、そして必要に応じてあなたの持っている星をお伝えし、あなたを応援できる私でありたいと思っています。

    今は看護職は引退した私ですが、新人ナースの頃は慢性の病気をもつ子どもたちが生活している病棟にいました。子どもたちのけなげな思い、そして親御さんの切ない思いに接してきましたが、ただ、ただ、「がんばって」と励ましながら、看護業務をこなしていくのが精一杯でした。こんな私にできることは些細なことかもしれませんが、その時の思いは心の奥深く刻まれています。

    娘の第二子の出産時に、コロナの影響で娘の入院が長引き、二歳半の第一子の世話を4ヶ月ほどしました。30数年前と、今の子育てが、だんだん変わりつつあることを感じながら、迷いながら、長い時間をすごしました。今も、どれがいいのか、消化されないままの思いが残っています。

    同じような経験をしている同世代の方が多いのではないかと思います。今はいろいろな考え方、価値観があり、30年ほど前までの子育て時代とは少しずつ違う、混乱した時期でもあるのてしょう。共有してみませんか?

    精神的な病気で苦しんでいる人とも接し、いろいろな思いが生まれました。身体や発達に障がいを持つ方が生きづらさを感じながら生きていることも、その家族、配偶者、周りの方も対応がわからず、自分を責めていることも知っています。

    私自身も相手を理解できず、悩み、攻撃してしまい疲弊したことがあります。他の人に相談しても「まあまあ、そういわずにがんばって」といわれ、モヤモヤしたものを抱えたままでした。あの時、少しでも話を聞いてほしかった、頑張ったねって言ってほしかった。そう思います。

    大人の発達に障がいを持つ人の中には、できることと、そうでもないこととの差が大きいだけにすぎない、ちょっとしたテクニックを学べば、開ける道もあるということを聞いたことがあります。

    あなたが、あなたらしく生きる道を探してみませんか?私も一緒にお手伝いします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。