「不登校になられてしまった発達障害のお子さま、
ご自分のことについて」ご相談いただきました。

その他
0

今日は不登校になられてしまった発達障害のお子さま、ご自分のことについてご相談いただきました。

クライアントさんは現実を受け入れて日々過ごされているのですが、お義母さまをはじめまわりの方からあまり理解されず大変な思いしていらして、人にはなかなか言えないご自分の中の正直なお気持ちをいろいろお話しくださいました。

ご自分のことを責めていらしたことがあったので、責めることはないし今のあなたにとっては大切なことだとお伝えしたら、お気持ちが軽くなったようでした。私も育てにくい孫をもっており、お子さまと共通点が多々あったのでより寄り添って共感してお話しが伺えました。ご自分の中の怒りの処理の仕方、過去に焦点を当てるのではなく未来に焦点を当てて考えていきましょうとお話しさせていただきました。

短い時間でしたが、いろいろお話しを伺いお気持ちが軽くなり前向きになられたようです。貴重なお話しを伺わせていただきありがとうございました。ご自分1人で抱えこまず、ご自分の中がいっぱいいっぱいになられたり、何か困ったことがあったらぜに、また河上のところに話しにいらしていただけたらと思います。

こんなこと人にはなかなか言えないし、理解もしてもらえないだろうとか
もうどうしてよいかわからない。周りが自分のことを理解してくれないなどなど

ありましたらいつでも河上のところに話しにいらしてください。
お待ちしております。

    河上 眞紀子 先生

    こんにちは 私は子育てに関する勉強をしながら私は子育て支援グループでの15年以上にわたる活動で1200組以上の親子さんに接し、いろいろな親子さんを見、お悩みを伺ってきました。情報があふれていてママたちはいろいろ戸惑うことが多いように感じています。2度にわたる転勤で海外での子育て、中学受験、高校受験、社会人になり頑張りすぎて鬱直前までいった娘を立ち直らせたこと、育てにくい孫への対応を変えお互いストレスが少なく過ごせるようになったことなどいろいろな経験もしてきました。

    私自身は母親に反発しながらある時まで生きてきました。反発しながらも義務感で母親の喜ぶことをしたりしていましたが、ある時をきっかけに今では素直にいろいろやってあげることができるようになりました。自分に自信がもてず、まわりからどう思われているのか、このままの自分ではダメだ!どうやって生きていったら良いのか、そのためには何をすれば良いのか、私が生まれてきた意味は?などなど悶々とした思いを抱えながら生きてきました。そのためにスピリチュアルなことを学びセラピールームをオープンし4年ほど活動しましたが、これが本当に自分のやりたいことなのかというという疑問が生じセラピールームをクローズしました。私の中にある空虚感をうめるため、いろいろなことを学び生きてきましたが、足りないものがあったのではなく認めていない自分がいただけでした。そのことに気づいてから私の人生は変わりました。

    こんなこと人に言えるほどのことでもない!もっと大変な思いをしている人はいっぱいいるから私のこんな悩みなんて・・・などと思わないでください。あなたが困っているなら、悲しい思いをしているなら、頭にきているなら、理不尽だと思っているなら、なんでこうなるの?私は心が狭いの?ほかのみんなはうまくいっているのに私は・・・!などなど、どんな小さなことでも、とるに足らないと思うことでも何でも私に話してください。    話してくれると必ず変化が訪れます。私はあなたの味方です。


    子育てに悩む方へ

    子育てって思っていたより大変!
    よその子はみんな良い子なのに、なんでうちの子は・・・
    私の育て方がいけないのかしら?
    自分の子なのにかわいいと思えない!
    もう少しストレスなく子育てをしたい!
    もう少し、夫も協力して欲しい。
    お姑さんやお母さんがいろいろな育児のやり方を押し付けてくる
    ママ友とうまくやっていくのが苦痛!
    などなど、子育てに関するお悩み、愚痴はたくさんあると思います。
    今まで15年以上にわたる子育て支援での活動で1200人以上の親御さんと接し、
    子育てに関する勉強を続けながら、ママたちの子育ての悩み等をたくさん聞い
    てきました。
    私は2人の子ども(男の子と女の子)を育て、現在孫が5人います。
    私は2度の海外転勤での海外での子育て、中学受験、高校受験、社会人になっ
    てから頑張りすぎてうまく歯車が回らなくなってしまい、鬱直前状態までいっ
    てしまった娘を立ち直らせた経験などいろいろな経験をしてきました。
    また孫の一人がパニックになると手がつけられなくなり、どうして良いかなす
    術もなくという状態でしたが。、あることを知りその子への声掛け、接し方を
    変えてからその子もパニックをおこすこともなくなり、お互いストレスなく過
    ごせるようにもなるという経験も最近しました。
    私が経験してきたこと、学んできたことなどを通してママたちのサポートさせ
    ていただきます。
    今、ご自身が抱えているお悩みを何でも話してください。
    愚痴を人に聞いてもらうだけでも、気持ちが軽くなるだけでなく、大きなで気
    づきがあったりします。
    こんなこと人に言うほどのことでもないかもと思い、我慢しすぎたりしていま
    せんか?
    どんな些細なことでも大丈夫です。どうぞ私のところに話しに来てください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。