【自分ひとり抱えてしまい、苦しくなることが分かっているのに、手放せない】

その他
0

J.Y様は、初め、ご自身が決断するまで「グダグダ」していて、
その理由を掘り下げたい、とご相談に来て下さいました。

お話を伺うと、職場にて、ご自身のお立場上、「引き受ける」ことが多く、
マイナスなことも背負おうとしてしまい、予定していたことよりも多くを引き受けてしまい、
結果的に自分が苦しくなる、とのことでした。

組織的にも、「受動的」であり、自分が動くしかない、と思い、全てを担って、
背負うことにジレンマを感じてしまう。
「リスクを考えてしまう」、「自分がやった方が早い等」、さまざまな不安から、
部下に仕事全てを任せることができない等、お話し下さいました。

私は、お話を少しずつ整理しながら、
「ご自身の負担を減らすためには、何が必要か」について、お聞きしました。

J.Y様は、「本当は、分身を作らなればならない」
「仕事の3分の1から、4分の1は、部下に任せて行かなければならない」
そして、「チームを作らなければならない」と分析しておられました。

そうです。J.Y様は、ご自身で、「何をしたら良いのか」、ご存知でした。

J.Y様とお話していて、私が感じたことは、「責任感の強さ」「弱音を吐かない姿」です。
そして、ご自身がおっしゃる「未来のリスクを心配してしまう」こと。

私の経験談も交えながら、
J.Y様の周囲には、J.Y様をお手伝いしたいという人がいるかも知れないこと。
そして、「できる人」の困っている姿は、発信しない限り、相手には届かないことをお伝えしました。

また、責任感が強いJ.Y様は、「部下の方にポーンと全てを任せてしまうよりも、
『一緒にやろう』と共に歩んだ方が良いように感じます。」ともお伝えしました。
そうすれば、全部の責任を部下に丸投げせず、共に業務をすることで、伴走しながら教え、
育てることができるから、将来的なリスクも回避できるのでは、と考えたからです。

J.Y様は、「そうですね。発信しなくちゃダメですね。動くことが大事ですね。」
「一緒にやっていく。そうかぁ。スッキリしました。」と少し表情が柔らかくなりました。

私も、同じような経験があります。
だからこそ、J.Y様のお気持ちがよく分かりました。

「自ら発信し、動くことが大切」
そう仰ったJ.Y様。きっと、素晴らしい部下も育ててつつ、
ご自身の課題も解決されることでしょう。
心から応援しています。

また、何か私がお聞かせいただけるようなことがありましたら、

いつでもお立ち寄り下さい。お待ちしています。

素敵な出逢いに感謝致します。

一般社団法人みゆ ホームページ https://miyu38.org

    なかむら ゆみこ 先生

    一番伝えたいことは2つ。
    どんな境遇でも、状況下であっても...

    「あなたはひとりぼっちではないよ」
    そして、「あなたの人生の主役はあなた」

    虐待、いじめ、差別、パワハラ、セクハラ、心の病、離婚、シングルマザーetc.山あり谷あり、そして、何度も底に落ち、悲劇に支配されていた過去。

    けれど、そこから這い上がり、「私の人生の主役は私!」と胸を張って言い切れるようになったのは、「あなたはひとりぼっちじゃない」と手を差し伸べて下さった方々のお陰さま。彼ら彼女らがいなかったら、私は、今、ここにいません。

    決して、あなたも「ひとりぼっち」ではありません。
    胸の中に、喉の奥に、頭の片隅に引っかかっていること。「これを話しても、きっと、誰もわかってくれない」と思っているような事柄も、あなたにとって、とても大切な事柄。どんなことでも、たった一言でもいい。お聞かせいただけたら幸いです。私が経験したことが、少しでもお力になればと思います。それが私の願いでもあり、喜びでもあります。

    どんな境遇でも、状況下であっても...
    「あなたはひとりぼっちではないよ」
    そして、「あなたの人生の主役はあなた」です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。