義理のご両親、そして未婚の義弟に関する将来の不安があります。

その他
0

ゆみねぇです。

今回は、

「義理のご両親、そして未婚の義弟に関する将来の不安」についての相談、

そして「義母」に対してのお気持ちをお話しいただきました。

 


 

①義理のご両親は健在だが、義母は施設に入所しており、現在、義父と義弟で生活しており「ちゃんと」生活できているか不安。義母がいない生活が想像つくので、考えるだけで怖いとのお悩みでした。

②施設に入所している義母には可愛がってもらっていて、コロナの影響がない時期は、しょっちゅう面会に行っていましたが、最近は行く機会が減りました。

義母が入所していることから、今現在、義父、義弟のことも含め、義母の代わりに、嫁として(家族の中の女ひとり)、何もできないこと対し、申し訳なく思い、罪悪感を抱き、モヤモヤした感情をお持ちでした。

 


 

義母に対して、義父や義弟のことも含め、嫁として、「ちゃんとしてあげられなくてごめんね」と申し訳なさや罪悪感に思うことが多いとのことでした。 施設に面会に行くと、「『Mちゃんが、ここにいればいいのにね』と言ってくれること、そして、義母の気持ちが伝わるからこそ余計に切ない」と仰って、涙を流されていました。

 

また、ご自身の裏側にある本心にも触れられ、それを言葉にできたことに、とてもハッと、ホッとしていらっしゃいました。

 

「モヤモヤされて、罪悪感や申し訳なく思われる気持ち、よく分かります。まして、お義母さまに可愛がっていただいていて、温かいご関係が築けていれば尚更ですね」と「素敵なご関係ですね」とお伝えしました。

また、ご自身の裏側にある本心をお話しいただいた際には、「めちゃくちゃ分かります。私も持っていますよ」とお伝えしました。

 

「どんな感情であれ、『今、ここにある』ありのまんまの感情を、「いけないもの」とせず、たとえ、一般的にネガティブと言われる感情を持っていたとしても、それは悪いことではない。

「どんな感情を持っていてもいいだ」と知ることは大切。

今、「ありのまんまの感情」に納得いかなくても、そっと隣に置いて置いても良いと思います。それがMさんなのだから、とお伝えしました。

 

それを聞いたお客様は、ホッしていらっしゃいました。

そして、「こんなことまで話そうとは思っていなかったのに・・・」と感情を吐くことができたことに驚きつつ、すっきりしましたと、表情が明るくなっていました。

 

また、色々と気付きがあったようで、「自分でこんなことを思い付くなんて思っていなかったです!」と、ご自身で解決策を見出し、

「そうだ、それに加え、これも、あれも・・・そうしよう!楽しくなってきました!」

と、実行すると宣言して、帰って行かれました。

 

Mさん、本日はありがとうございました。ずっと長い間、お一人で抱え込んでいたお気持ちを吐き出していただいたこと、とても安心致しました。

そして何より、ご自身で、解決策を見つけ、実行宣言を聞いた瞬間、鳥肌が立つ程、嬉しく思いました。良かったです。

 

また、「吐き出したい!」「聞いて欲しい!」と思うことがありましたら、ゆみねぇまでお話しいただければと思います。

改めまして、本日はありがとうございました。

 

 

https://miyu38.org

 

    なかむら ゆみこ 先生

    一番伝えたいことは2つ。
    どんな境遇でも、状況下であっても...

    「あなたはひとりぼっちではないよ」
    そして、「あなたの人生の主役はあなた」

    虐待、いじめ、差別、パワハラ、セクハラ、心の病、離婚、シングルマザーetc.山あり谷あり、そして、何度も底に落ち、悲劇に支配されていた過去。

    けれど、そこから這い上がり、「私の人生の主役は私!」と胸を張って言い切れるようになったのは、「あなたはひとりぼっちじゃない」と手を差し伸べて下さった方々のお陰さま。彼ら彼女らがいなかったら、私は、今、ここにいません。

    決して、あなたも「ひとりぼっち」ではありません。
    胸の中に、喉の奥に、頭の片隅に引っかかっていること。「これを話しても、きっと、誰もわかってくれない」と思っているような事柄も、あなたにとって、とても大切な事柄。どんなことでも、たった一言でもいい。お聞かせいただけたら幸いです。私が経験したことが、少しでもお力になればと思います。それが私の願いでもあり、喜びでもあります。

    どんな境遇でも、状況下であっても...
    「あなたはひとりぼっちではないよ」
    そして、「あなたの人生の主役はあなた」です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。