早起きして自分の勉強をしたいのに、どうしても夜更かししてしまって起きられないんです…

その他
0

アートカウンセラー/習慣形成・英語学習コーチングのマーサです。

今回は、朝、5時半から6時に起きて、自分の勉強をされたいが、週2、3回しか起きられないというご相談でした。

 

FBの返信をして、夜は0時半になってしまうことがあり、その場合は起きるのが7時になり、自分の勉強をする時間がない。

朝、心を整えるための勉強の動画を見て、落ち着く時間をどうしてももちたい。

理由は、使命感や時間を持った後の爽快感、楽しさ。

プラスの感情があるのに、起きれないのは、夜FBを見て返信をしてしまうから。

 

朝、起きられた時はどんな気持ちかと聞いたことや、

朝の自己学習を時間をずらしても満足しないということから、

朝の早起きが心の余裕に繋がっていることが判明したことにより、

 

クライアントさんの方から「私の自己肯定感は朝早く起きることで上がるんですね」との言葉が出ました。

共感を伝えるより、クライアントさんが私の質問によって、

クライアントさんご自身が、ご自分との共感ポイントを見つけられた様子でした。

 

今回のアドバイスとして、寝る時間を死守するために、

タイマーがなったら、FBをやめ、寝る準備をして、必ず23時に寝る。ということをお話しさせて頂きました。

クライアントさんにとっては、夜寝るためのタイマーというのが新鮮だったようですが

自己肯定感を守るために、寝る時間を死守したいとのこと。

 

寝る時間タイマーで、寝る時間を守り、

毎日、朝早く起きられるようになり、自己肯定感アップして、毎日を余裕持って過ごせるといいですね。

 

本日はありがとうございました。

    マーサ 先生

    こんにちは。アートカウンセラー&習慣形成・英語アドバイザーのマーサです。
    もちろん、日本人です。留学していた時のニックネームです。
    言葉で伝えられないものも言葉も好きで、絵を介したカウンセリングと翻訳や英語コーチをしています。

    アートカウンセリングでは、悩みを絵や図にすることで、悩みを自分から切り離し、客観視し、絵にした悩みから言葉では味わえなかったメッセージを受け取れるように誘導します。スピリチュアルに頼ることなく、心理学的に導き出します。形や記号で構わないので、絵の上手下手は全く関係なし!心を開放したい!その気持ちがあれば大丈夫です!

    習慣形成で苦労した後、方法を見つけ、英検1級取得とダイエットに成功しました。この経験から、習慣形成のためのアドバイスをします。特に英語の勉強は、翻訳者・英語コーチでもあるので、よりテキストや勉強法を細かくアドバイスできます。単にコーチングをするだけでなく、誕生日を前もって教えて頂ければ、運勢的に楽な方法で習慣形成できる方法をお伝えすることもできます。
    早くこの秘密を教えたいので、ぜひお話しに来てくださいね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。