会社経営に対する情熱が冷めてきている現状を何とかしたい!

その他
0

今回は会社経営者様からのご相談でした。
業務内容は、事務処理の請負がメインで活動中

会社の状況は、経営者はご相談者様を含めて5名、実務担当者は20名とのこと

営業は経営陣で行っているが、最近の景気低迷、特にコロナ禍の影響が大きく、経営は苦しく、運営に情熱がなくなって来ており、早期に結果を出したいとのご相談

5人の経営陣の中には引き続き経営に情熱を持っているものもいるが、社員に対する人望がないとのこと
ご相談者様はすぐにでも経営から離れたいとのこと

社員の生活を護りながら、上手く対応したいとのこと

様々な対応があるとお話しさせて頂きましたが、結局はご相談者様がどうするのか?という気持ちがぐらついていることが一番の問題と理解され、先ずはご相談者様ご自身が意思決定して、そのうえでスケジュールを決めていくことになりました。

気が乗らない仕事をしていることは、皆に迷惑となること、自分が楽しいことを進めていくことの大切さについて、お話させて頂きました。

ありがとうございます。

 

    長山 隆 先生

    こんにちは
    「自分らしく生きていますか?」
    世の中がどんなに発展しても、こころを傷める人はあとを立ちません!

    自分の悩みを誰かに話を聴いて欲しいと思いませんか?

    私は、サラリーマン時代は上場企業の役員をして、散々パワハラに会いこころを傷めてました。仕事を遂行して行く中でも、ストレスをたくさん経験しています。

    また、私生活では22年前に離婚して、以降男子2名を父子家庭で育てました。子育ての悩み、ストレス、不安な気持ちも経験しました。

    両親の介護経験も15年になり、介護に関しての負担の大きさ、心細さも経験しました。

    誰かに聞いて欲しい、助けて欲しいと思ったことは数知れず、誰に言えば良いかもわからず、一人で悶々とした日々を送っていました。

    その中で感じたことは、自分が元気で居ることの大切さ!自分らしく生きることでした!

    どんなことでも、ひとりで悩まず、背負い込まず声に出してみては如何ですか?

    心が軽くなりますよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。