占い部門勉強会議事録「相談は1回完結?リピートがいいの?」

その他
+1

Wonder City 相談員のコウノトモミです。

7月15日は占い部門の勉強会がありました。

「相談は1回完結?リピートがいい?」

といった内容で占い部門リーダーの
Sarah(セーラ)さんが開催しましたので

こちら今回の議事録をとりました。

 

 

●お約束
– 占い部門で大切にしていること
– 人の心を明るくし希望を与えるコト
– 人の未来や幸せを本人以上に信じるコト
– 愛からの言葉、愛からの行動をすること

 

-【相談は1回で完結?リピート】
– セッションはリピートしたほうがいいと思う?
– 人によりけり
– 言いたいことがたくさんある人
– 怒りはたくさん出した方が良い
– たくさん書き出してくださいで終わったので、

– 1回でOKな人もいる
– 無料で良いから自宅で習字を教えたい(年配の方)
– 15分でスッキリされた

 

●つまりは 時と場合による
– 深堀していく
– 大事なのはセッション終わった後の日常
– 始まりのスタートラインがセッション
– 依存させる(リピート)させる方向は違う

– 1回のセッションで完結させる
– 持ち帰ってもらう

– リピーターの人の特徴
– 前回の報告から今後の相談
– どっちでもOK

 

【知っておくべき現状】
– 世の中はリピートさせることを目的としていることが多い
– 弱いお客様が多い、それに目を付ける弁護士などもいる
– お客様を幸せにするお手伝いをする
– 自分ができる幸せにする方法を考える

 

【ワンダーシティでは?】

– WC→まだセッションしたほうが良いと思えば「また来てください」といってもOK
– 強制はNG
– 必要性があるのにほっておくのはちょっと違う
– 選ぶのはお客様

– 30分でお答えできる内容など、要望が多い場合は冒頭にお客様に話す(単発のメニュー)
– 時間内に終わらない場合がある旨を伝える
– また来てください
– 継続セッションのメニューなど、WC以外のメニューであればブログに書いてOK
– WC入口としても

 

 

【体験談シェア】

– セーラさんの場合1時間のセッションで解決することを決めている

– 皆さんの体験談(リピーター)

– 知り合いの方月1回来てくれる:ともこさん

– 仕事のノルマ
– 発言がマイナス
– 聞いてあげるしかないかな
– こちらが諦めない

 

【リピートして変わらない人はそれでいいのか?】
– このままだったら変わらないと思わない?と聞く
– カードにかこつけてアドバイス

– それでもネガティブな人→お役に立てずすみません
– その方との関係をどうしたいのかによる(自分が幸せになるためのセッションでもある)
– 諦めずに聞く
– 変わらないからその場のみ対応する

– カードに聞いてみる
– 別の人を紹介
– お金に換算する

– 態度に出したら来なくなってしまった

 

★ 自分がセッションできる範囲がどこまでなのかスタンス決める★

– 交流会繋がり、3か月に1回くらい:デビさん
– 仕事の方向性に迷うお客様

– 人間関係(仕事・夫婦など)
– 推すよりは引き気味のスタンスの方がリピート来やすい

– 恋愛相談から徐々に本音が出てきた:吉川さん
– セッションに持ち込む状態ではない
– 後輩、鬱になりそうだったので引き揚げた

 

★ 苦手なことはしない
★お客様も自分も幸せになるセッション

 

– 1回2から3時間(カウンセリング:小松さん
– 基本1回で終わる
– 半年あけてもらう
– リピーター悩みがあるから来る
– リピーター(芸能関係)
– 1年に1回くらい

 

– 依存させないようにする:河上さん
– ママたちは心のもやもやを聞いてあげる
– ブレイクアウトルームで20分片方先生

 

<次回の占い部門の勉強会:
タロット勉強会8月19日木21時~>

 

 

【感想】↓
占い(セッション)は相談者さまも自分にも幸せになる方法を取ることが大切だと学びました。

また、自分がどのようなスタンスで相手と向き合うのかは決めておくとお互いの幸せに繋がると感じました。

相談者様がスッキリするようなセッションを心がけていきたいです^^

 

 

 

ブログ
https://ameblo.jp/karayaburiup

    こうの ともみ 先生

    初めまして、ともみです。

    結婚生活、専業主婦、子育て、離婚、金銭問題、人間関係など生きていればちょっとつまずくことってありますよね。

    約10年の結婚生活で、自分の中で「こうでなければ」「私さえ我慢すれば」と本来の自分ではなく、家族という枠の中での役割を無意識に演じてきて苦しい思いをしていたこともあります。

    知らず知らず我慢を重ねるうちに、本気で人生を変えたいと思うようになり、専業主婦から経済的自立を目指すようになり、色々な副業に手を出しました。

    行動することで徐々に変化が起こってきます。
    その中で、助けてくれる人や師と仰げる人との出会いがあり今があります。

    モラハラ、調停、借金問題、弁護士相談、子どもの学校へ行きたくない、という問題も経験。

    このような悩みは、身近な人には話しにくいこともありますよね。

    近い体験でピンとくるものがあれば、お話していただければと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。